Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『花酔い』 村山由佳 (文春文庫)
評価:
村山 由佳
文藝春秋
¥ 648
(2014-09-02)

おいしいコーヒーシリーズなどの青春小説寄りの恋愛小説作家的なイメージがつきまとう作者であるが、本作のような大人の官能小説を上梓することによって作風の広さを広げたり、あるいはそのイメージの脱皮を図ることにより、一層の高い極みへの挑戦ともとれることが確認できる読書となった。

実は本作より以前にも『ダブル・ファンタジー』という同系統の大作も書かれていて、少し読む順序を間違えたかもしれないのだけれど、いずれにしても直木賞受賞作品である『星々の舟』以降、毛色の変わった作品群を文藝春秋からは書かれていて幅広い年齢層の読者から支持を得ていると言っても過言ではないと思える。
さて本作ですが、官能小説なんだけれど上品な佇まいを維持しているといって良いのではないかなと思う。その一因として舞台が東京と京都という歴史のある街であることと、四季の移ろいを端正な文章で描写していることがあげられる。4人の男女(2組の夫婦ですね)が順番にそれぞれの気持ちを綴ることによって不倫が進行してゆきますが、読ませどころは自分の配偶者が陥っている姿をそれぞれが勝手に想像している部分が読者にとっては面白かったのではと思います。

ただ主人公役というべき結城麻子は4人の中でもっとも純粋に相手を愛しているように感じられ、逆に言うと罪深いのかもしれませんがその捉え方が読者に委ねられていて作者の余裕を感じたりもしました。
麻子と対照的な桐谷千桜は幼い頃の体験のトラウマを引きずっており、性癖が段々とエスカレートして麻子の夫を翻弄してゆくところが最も読ませどころかもしれません。2組の不倫は方や純愛に近い部分に、方や肉欲に陥っている部分に特化されてとても対照的であって、どちらが正しいかは別として、夫婦のあり方や価値観について大胆な考察を施した読み応え十分な作品だと捉えています。

評価8点。
posted by: トラキチ | 現代小説(国内) | 00:39 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:39 | - | - |-
こんにちは。
遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いします(_ _*)

村山さんの小説、結構過激だったり官能的だったりするものもあるのに、なんだか下品じゃないですよね。
どこか「純愛」と呼べる何かがあるような感じもして・・・いえ、不倫なんですけどね。

村山さんの未読本も少なくなってきましたが、久々にこの文体が読みたくなりました。
| yoco | 2016/01/09 3:20 PM |
yocoさん、あけましておめでとうございます。
村山さんの初期の小説はあんまり読む気はないのですが、ダブルファンタジー以降のものは少しずつですが読み進めて行こうと思っています。他の作家では味わえないものを持っている稀有な作家ですよね。
| トラキチ | 2016/01/11 6:34 PM |









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/679
トラックバック