Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『武道館』 朝井リョウ(文藝春秋)
評価:
朝井 リョウ
文藝春秋
¥ 1,404
(2015-04-24)

手厳しさが魅力の朝井作品であるが、本作ほどリアルに描かれた作品はないと感じる。アイドルという夢の世界が舞台であるが現実はかなり厳しくて決して彼女たちは幸せだとは言いがたい。愛子という主人公格の女の子が等身大で描かれている。

彼女にはアイドルになるという夢があったのであるが、ずっと同じマンションで住んでいる大地という憧れの存在がいて、どのくらい好きかと言えば両親が離婚する際に父親を選ぶのであるが、それは父親がの方が好きというわけではなく、父親を選べば大地の近くに住むことが出来るが故の選択である。彼女のその気持ちは全編通して根付いていて、読者をも納得させてしまうのである。確かに恋愛は禁止という若い女の子にとって非常に苦しい状況が待ち受けているのであるし、やはり生身の人間であり青春真っ只中の女の子なのですね。個人的な捉え方かもしれませんが、アイドルは演じるものであってそれを割り切って出来る人が成功するのでしょうね。

いろんな犠牲を払ってもアイドルになりたいのかどうか、途中で挫折する人もいれば、なりたくてもなれない人がいます。ネットという簡単にバッシングが出来るメディアがある現代においては、本当にアイドルも強い精神力が必要です。ちょっと冷めた感じ方かもしれませんが、アイドルという人たちが身近に感じられる一冊です。彼女たちの女の子らしい本性を見事に描いた作者の感性に脱帽ですよね。

本作は予想通りといっていいのでしょうドラマ化されていて現在オンエアー中。少し設定がちがうのですがよりリアルになっています。NEXT YOUを演じているjuice-juiceのメンバーはどう感じているのであろうか。映像化されるとどうしてもいずれにしても多様性が当たり前の世相なので、いろんなことに悩むのは若さの特権なんだなと感じます。

評価8点。
posted by: トラキチ | 朝井リョウ | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:40 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/689
トラックバック