Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『自転車少年記』 竹内真 (新潮社)
評価:
竹内 真
新潮社
¥ 1,995
(2004-05-25)
(2004/07/12)
誰しも子供のときに自転車に乗れた時の感動ってひとしおである。

大人になってみて、それは親子の一大イベントということがわかる。
自分の子供が自転車に乗れた時って、ひとりで歩けるようになった時に次いで二番目の大きな成長の節目とも言えそうだ。

本作は昇平という4歳の男の子が自転車に乗ってというか練習中に坂道を下って止まりきれずに同じ年の草太の家に突入し、そこから永遠の友情で結ばれる二人の少年(始めは四歳だが)の成長記である。

物語は4歳から30歳ぐらいまでを描いている。
主役二人以外の脇を固める人たち(伸男・奏・朝美など)も自分の進むべき道を歩んでいる。

この物語に出てくる人物って“ピュアなハートの持ち主”ばかりである。

とりわけ奏の存在って読者に強烈に潔い生き方を提起してくれた。
ラストで八海ラリーに突如参加するシーンでのセリフが脳裡に焼き付いて離れない。

付き合ってるとか結婚するとか、そういうことだけが答えじゃないと思うよ
竹内真の作品を読むと世界の広がりを体験できる。
読者が学び取れるのは何度もくじけたり失敗しても、希望を持って生きれば道は開けるということ。

本作での自転車って本当に“熱き友情”への強き絆となっている。
二十歳ぐらいの方が読まれたら明日への道しるべとなってるだろうし、三十歳以上の方が読まれたら若かりし頃の自分と照らし合わせて楽しめるだろう。

テーマが身近だから本当にわかりやすいですね。
自転車って気候のいい時にちょっと乗るのには爽快だが、長距離や暑い時、あるいはアップダウンのきつい道を走る時はまるで人生のように苦しい。

ラスト近くで29歳になって1児の父親となった昇平が息子の北斗に自転車を教えてる時に過去を回想するシーンが印象的だ。
自転車に乗れたことで見えた景色や、出会えた人々の顔―そんな記憶のかたまりが、頭の中で渦をまいている。懸命に走ろうとしている北斗の姿に、いくつもの思い出がよみがえってくる。

しかしながら苦しいとわかっていても八海ラリーに参加したいなあと思われた方は、本作を読んで心が豊かになった証拠だと思う。

本作は読者が日頃忘れかけている大切なものを思い起こさせてくれる作品である。
竹内さんに感謝したい気持ちでいっぱいである。

オススメ(9)
posted by: トラキチ | 竹内真 | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:07 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック