Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『楽しい夜』 岸本佐知子編訳 (講談社)
評価:
---
---
---
()

初出「群像」「新潮」。翻訳者としてトップブランドと言って過言ではない岸本佐知子さん自らがセレクトし翻訳した贅沢な短編集で、国内作品では味わえない読後感が味わえる作品集であると感じる。11編から構成され、バラエティに富んだ内容が特徴であるが、最も有名だと思われるミランダ・ジュライの作品が切なくて飛びぬけて心に残るものであったことが特筆できる。

これは初出が唯一、「新潮」からということで翻訳権がからんでそうですがやはり貫禄の作品だと感じました。飛行機で大スターの隣に乗り合わせてもらった電話番号の紙切れが切なく主人公の人生を変えていきます
もっとも他の編も冒頭の「ノース・オブ」にボブ・ディランもどき(?)が出てきたり、奇想天外で突飛なものや国内作品で同内容では受け入れられない内容のものまであって、読者としては次はどんなのが来るのかとワクワクしながら読めるというのはやはり読書の醍醐味なのでしょう。
そこにはやはり岸本訳という安心感というものが読者の念頭にあり、やはりテンポの良さが読書リズムに合っているように感じます。

ジュライの作品以外では感動度では他の作品群には落ちるものの、ぶったまげた発想が素晴らしい「アリの巣」と「亡骸スモーカー」が余韻が残る。どちらもアリッサ・ナッティングという若手作家が書いたものでこの作者覚えておきたいと思っています。
岸本さんもただ一人だけ2作品選ばれているのでそれなりに推しているのでしょう。

全体を通して、どちらかと言えばアメリカという国を象徴しているのか、穏やかな中にも自由奔放な展開が楽しい作品集であると感じます。国内作品の間に挟んで息抜き(というか頭の体操)には格好の一冊だと感じます。

評価8点。
posted by: トラキチ | 岸本佐知子翻訳本 | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:22 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/701
トラックバック