Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『サブマリン』 伊坂幸太郎 (講談社)
評価:
---
講談社
---
(2016-03-30)

書下ろし作品。古くからの伊坂ファンにはとっても懐かしいキャラである陣内と12年ぶりに再会できます。事前に前作である『チルドレン』を読んだので、陣内以外の登場人物たちとの再会もグッとくるものがあり、ああ読書っていいなと思わずにいられない気持ちに浸れた。

とりわけ作中で永瀬が登場するシーンは感慨深く、作品への傾倒度は抜きとしても自身の読書歴を振り返り見つめ直す機会を与えてくれたのは作者のグレートさの賜物と言って過言ではない。

さて、作品ですが世知辛い世の中の象徴とも言える少年犯罪を扱っていて、陣内の軽快かつ軽妙かつ奇怪な言動とは裏腹に重苦しい題材とも言えます。これは悪いことをして殺人を犯した少年は死刑にならないというどうしようも出来ない問題、いわゆる少年法を扱っているからでしょう。その舵取り役として語り手が前作にも登場した武藤、陣内の部下で普通の感覚の持ち主ですが、彼の少年たちとのノーマルな接し方と陣内の破天荒な接し方を比べて読むと楽しめて読めるような気がします。

伏線の回収もいつもの伊坂作品同様で、やはり陣内の良い意味でのマイペースぶりが読者を満足させてくれる一冊と言えそうです。彼はいたたまれない世界に対する清涼剤の役柄を堂々と演じています。
少し気になったのは、作中で命日の話が出て来て、これは前作に登場する鴨居のことなのかなと思われます。命を大事にしてほしいという作者のメッセージかもしれませんね。

評価8点。
posted by: トラキチ | 伊坂幸太郎 | 06:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 06:54 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック