Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『世界の果てのこどもたち』 中脇初枝 (講談社)
再々読。本屋大賞3位作品。惜しくも本屋大賞は受賞出来なかったけれど、後年読み継がれてゆくべき作品であると感じる。昨年戦後70年ということで戦争を題材とした作品が数多く上梓されたことは記憶に新しく、何冊か手に取ったけれどいずれも素晴らしい作品であった。その中にはタイムスリップものなどエンタメ性を駆使された作品もあり、それはそれで大いに読書が捗る要素ではあったのであるが、心を抉られるような読書体験は出来なかったのも事実である。

本作は他の戦争を題材とした作品とは一線を画し、真っ向から取り組んだ正統派作品であり、それゆえに本屋大賞にノミネートされた意義は大きかったと感じる。その理由はやはりフィクションなれど圧倒的にリアルな作品であり、教科書では教えてくれないことが詰まっているからだと感じる。作者の圧倒的な筆力に読者も情景を目に浮かべながら読むことを余儀なくされ、他の作品では味わえない読書体験ができるのは圧巻である。

本作の素晴らしい点は、戦争を側面的だけでなく大きく捉えている点であると感じる。子供に罪をないのはわかりきったことであるが、それにしてもおむすびを分け合うシーンが印象的というか非常に強烈で、まるで映画のワンシーンのようにいつまでも脳裡に焼き付いて離れないことであろう。
満州で知り合った3人の女の子たち、それぞれの人生は中国残留孤児となった珠子、人種差別を受ける美子、空襲で家族を失った茉梨と波乱万丈な人生を進んで行くのであるが、苦しいことがあっても友情に結ばれ、それを糧にして生きてゆく儚げな女の子たちに感動は禁じえない。

歴史を知ることは本当に難しいと感じる。本作は戦争の惨さだけでなく儚さを強調したところが素晴らしいと感じる。友情を育み、懸命に人生を生き抜いた人たちがメインとして描かれているけれど、生きながらえなかった人たちの印象も強く忍ばせている。
先日オバマ大統領が広島を訪問されたことが、再々読のきっかけとなった。本作は戦争の悲惨さと人を思いやるべきことの大切さの両方を謳っている。私たち現代に生きる人間は、今の幸せを噛み締めながら1日1日を大切に生きなければならない。

評価10点。
posted by: トラキチ | 中脇初枝 | 06:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 06:32 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック