Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『幻影の書』 ポール・オースター (新潮文庫)
評価:
ポール オースター
新潮社
¥ 767
(2011-09-28)

原題"The Book Of Illusions"、柴田元幸訳。オースターの魅力が満載された傑作だと言える。何冊かオースター作品を読んでいる読者がいれば、各々が描くオースターの作品像というのが出来上がっているであろうけれど、本作を読むと描かれていたオースター像を超越する内容であることに気づくはずである。

それはやはり訳者の柴田氏が解説で語っている通り、作者の敬愛する映画(映画人と言った方が適切だろうか)に関連する極上の作品であるからである。物語内物語はオースターの十八番であり、本作の次の作品にあたる『オラクル・ナイト』ではより精緻な展開が見られるのであるけれど、本作で描かれている内容は読者にとってもエンタメ性に溢れ、捲るページが止まらない状況にあります。その一因として語り手であるディヴィッドの飛行機事故で妻子を亡くしたという境遇に対する同情感というのが当てはまると思われます。

作中でその飛行機嫌いである彼を飛行機に乗せてヘクター・マンに会いに行く過程の描写、そしてヘクター・マンの波乱万丈な人生の描写、そしてヘクター・マンが監督した「マーティン・フロストの内なる生」の描写。どれもが完璧な柴田氏の訳文に吸い付かれていくような読書体験を余儀なくさせられます。
作者は人生の儚さを嘆きつつも、その美しさをそこはかとなく読者に提供してくれています。生きる希望を失っていたディヴィッドがある喜劇俳優(ヘクター・マン)を知り、彼の無声映画に夢中になることにより生きる希望を取り戻します。本作ではヘクター・マンがいかに魅力的な人物であったかを描くことによって、初めはたかが無声映画だと思っていた読者が、ディヴィッドが必然性をもって無声映画に没頭したということを知らしめられます。

そしてもう亡き妻以外の人を愛せないと思われていた語り手が凄く魅力的な人物(アルマ)に遭遇します。それは偶然のようであって必然であったのでしょう。多くのものが消失しますが、ディヴィッドが再生されたのはアルマのおかげであり、そこに愛があったと信じたいです。作者のストーリーテラーぶりが如何なく発揮された本作、物悲しいけれど幸せな気分に包まれる作品であります。

評価9点。
posted by: トラキチ | 柴田元幸翻訳本 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:13 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/731
トラックバック