Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『みかづき』 森絵都 (集英社)
評価:
---
---
---
()

初出「小説すばる」。著者渾身の長編である本作は個人的に年間ベスト級の作品で、本屋大賞にノミネートされれば上位に来る作品であると感じる。繊細さが売りの著者であるけれど、それに加えて骨太で読者をグイグイと引っ張ってくれる大河小説と言って良い物語。小学校用務員の吾郎が教え子である蕗子を通して母である千明と学習塾を始めるのであるが、ふたりの知り合った馴れ初めが印象深く読者の胸に刻み込まれ物語が動いて行く。昭和30年代から平成に至るまでの塾業界いや学校教育の変遷を、日本の高度経済成長とともに振り返れるところも素晴らしいが、とにかく登場人物ひとりひとりが妥協せずに理想を掲げて邁進しているところが胸を打つのである。

吾郎にとっては蕗子は血が繋がっていないが、他の2人の実の娘(蘭・菜々美)同様、いやそれ以上に可愛くてその気持ちが全編を通して貫かれている。途中でいろんな紆余曲折があるが、一筋縄ではいかないのが人生であるが必ず努力すれば報われるのであるということを教えてくれる。

全体を通して語り手が吾郎から千明、そして最後は蕗子の息子である一郎へと変って行き、時の流れを強く感じる作品であるけれど、当初補習塾の理念を掲げて始めた塾経営がやがてやむを得ずに進学塾へと変わり、また巡り巡って補習塾的なことを掲げているところが素晴らしい。ラスト付近で著者からタイトル名となっている“みかづき”という言葉の意味合いも明らかにされるが、それを知って離れ離れになっていた吾郎と千明はやはり志が同じであったということを理解できた。また、一郎の恋人が千明に似た性格であることは一目瞭然であり、微笑ましく感じられた読者も多かったのではなかろうか。そして私たち読者、とりわけ学校に通っているお子さんがいらっしゃる方は学校教育の意義を根本的に見つめ直すきっかけとなると確信しています。そう本書は感動だけじゃなく、実用書に負けないぐらい有益な一冊なのです。

評価10点。
posted by: トラキチ | 森絵都 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:00 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/735
トラックバック