Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編』 村上春樹 (新潮社)
たとえ多くの批判的な感想があってもそれは人気作家であるがゆえのことであると私たち読者は知っている。しかしながら数多くのハルキスト(もしくはハルキストではなくても)村上作品を必ず読む読者にとっては、村上作品はこうであってほしいという理想というか観念というのがあって、いみじくも本作のイデアみたいで失笑を買いそうであるが、言い換えれば読者にとっては自分自身の文学IQを計る指標というべき作品であると考える。
文体はたとえ比喩的表現が多くとも読みやすいけれど、内容自体はお得意の海外文学への造詣や車や音楽への蘊蓄など、沢山のことを盛り込んでいてややもすればエピソードが多すぎて消化不良を起こしがちであるが、一読者としてはその中の良い部分を吸収すれば良いと考えます。あまり欲張ってはいけません(笑)

個人的には、読者に自分自身を見つめ直す機会を提供していると考えたい。すなわち人生そのものを肯定している作品であると考える。
とりわけ親子愛について考えさせられる部分が大きかったように思える。免色からまりえ、そして私から夢で作ったと描かれている女の子ですね。どちらも本当の子かどうかわからないけれどそう信じ切っているように描かれているところが清々しくもあります。
あとは陰の主人公とも言えそうな騎士団長の存在は大きいですね。彼が絵の世界から登場するにあたっての絵の描写も素晴らしいし、私やまりえを励ます会話も楽しめます
また、彼の最期なんか本作において最も感動的なシーンだった読者も多かったと思いますし、会話で多用される″あらない”という独特の言い回し、読んでいて英訳される時にどう表現されるのかなと思ったり。そう思えるだけで母国語で読める幸せも感じます。そして世界の数多くの人々と村上作品をそして平和を分かち合いたいと願っています。

評価8点
posted by: トラキチ | 村上春樹 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:25 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/757
トラックバック