Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『春秋の檻 獄医立花登手控え  戞‘B周平 (講談社文庫)
藤沢先生が亡くなられて今年で20年となるが、読み返してみると文章そのものは全然風化されていないことに気づく。

やはりこの人はずっと読み継がれていく作家なのだなと感慨もひとしおの読書となった。これからもずっと時代小説を書かれている作家達の目標となっていくのでしょう。

さて本作ですが、青春恋愛小説としても読ませますしミステリーとしても読ませます。舞台は江戸小伝馬町の監獄。
医者を志し、叔父を頼って羽後亀田藩より上京してきた立花登が主人公。
登は物語が始まった時には22歳、居候の身で肩身の狭い登は半ば強制的に叔父より獄医をさせられている。


藤沢作品の中ではミステリー度合いが高いような気がする。
なにせ舞台が獄中。なにせ相手は犯罪者。
でも藤沢さんの眼差しは暖かいですね。
内容的には人情と恋愛を交えた青春小説といったところでしょうか。

ポイントとなるのは主人公の登が剣術じゃなくて柔術(起倒流)の使い手であるということ。
これは前者だとやはり相手を斬ったりすることが起こるので敢えて柔術にしているのであろう。
主人公の人柄と凄く合っています。
でもこの登って好奇心旺盛なのですね。あとは全四冊の中でおちえとの仲がどう変化してゆくか、再読で読んでみても胸の高まりを抑えるのに必死です(笑)

ご存知の方も多いでしょうが、昨年NHKでリメイクドラマが放送されましたが、もうすぐその第二弾が始まります。
オリジナル版の放送が1982年ということで35年の日々が流れたけれど、主演の中井貴一の初々しい演技が今でも印象的である。
当時おちえ役だった宮崎美子がリメイク版で叔母役を演じているのは時の流れを感じるけれど、藤沢ファンの読者にとってはずっと藤沢作品に浸れる幸せをあらためて感じとられた方も多いのではないかと思われます。

評価9点
posted by: トラキチ | 藤沢周平 | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:09 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/761
トラックバック