Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『氷の轍』 桜木紫乃 (小学館)
評価:
桜木 紫乃
小学館
¥ 1,728
(2016-09-27)

現代作家で好きな作家を個人的に5人挙げよと言われたら必ずその中に入るであろうという桜木さんであるが、本作は桜木作品の中でもミステリー仕立てとなっているのが大きな要因であろう、少し読者の胸の内に響く度合いが少ない作品となっているように感じる。

舞台は作者十八番の北海道・釧路。いきなり身元不明の老人男性の死体があがります。捜査するのは『凍原』の松崎比呂刑事の後輩大門真由刑事。彼女の父親も元刑事であるのですが、現在闘病中であり元婦警の母親が自分の娘ではない真由を受け入れて生活しているのがポイントとなっている。
釧路→札幌→釧路→青森と事件の捜査は定年間近の片桐とと
もに追いかけてゆきます。
途中から明らかになる老人男性とある母娘との接点が作者得意の人間ドラマ風に語られて行きます。
ただ、捜査を絡めながら迫る必要性があったのかというところが母娘たちの悲しい人生をあぶりだす点において他の桜木作品ほど描かれていなかったように思えます。
あとは、殺人の動機が弱かったことにつきます。ミステリー仕立てにすることにより、主要人物の人間としての骨格がややぼやけてしまっていることが残念です。

少し難点を書きましたが、逆に桜木作品は読者にいろんな読み方を示唆してくれるのも事実であります。
たとえば両母親(真由の母の希代と行方佐知子)との比較はほとんどの読者が感じとれることだと思います。
方や自分の娘を売る母親、そして方や自分の夫が外で作った女の子を自分の実子のように育てる母親。

男性読者の私はどうしても天涯孤独の滝川老人が最も不幸に思えました。
彼が北原白秋の詩に自分の魂を込めて書いた手紙は涙を誘います。
悪意もなく報われない人生だった彼でしたが、そっとしておいた方が良かったのでしょうが、桜木作品に登場する男性はそこまで強くありません。

桜木作品、幸せの形は多様であり奥が深いのは承知の上で言わせていただけたらやはり小百合の心の内が隠されていたのが心残りだったのですが、やはりそこは読者に委ねたのでしょうか。
ひとつの作者の解答として、彼女の息子と商売を一生懸命にしている姿が読者にはくっきりと伝わったことであろうか。
やはり小百合は幸せであると信じて本を閉じざるを得なかったのが私の読み方であった。

余談ですが、本作は柴咲コウ主演でドラマ化されておりますが設定等かなり違いがあります、ドラマはドラマでそこそこ楽しめますが。

評価7点。
posted by: トラキチ | 桜木紫乃 | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:07 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/779
トラックバック