Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『朗読者』 ベルンハルト・シュリンク (新潮文庫)
評価:
ベルンハルト シュリンク
新潮社
¥ 1
(2003-05-28)

松永美穂訳。
本作は1995年に刊行されて以来、数多くの国でベストセラーとなっている。
日本においては新潮クレスト・ブックスにて2000年に刊行、そして2003年に文庫化、翌2004年からは日本の文庫本におけるステータスシンボルと言っても過言ではない“新潮文庫の100冊”に都合七回ラインアップされた。

読み終えて、新潮文庫の100冊の威厳を保ってる作品であることを確認できて胸をなでおろした次第である。
この作品は私的には“反戦小説”と“恋愛小説”の融合作品であると思っている。
そしてどちらに重きを置くかは読者に委ねられているのであろうと解釈するのである。
少なくとも年上の女との火遊びを描いた作品ではありません。恐ろしく奥が深い小説です。


2人の年齢差は21歳。恋愛に年齢差がないように読書に国境はないということを痛感した。
なぜなら読み終えて2人の気持ちが本当に切なすぎるほどよくわかるからである。
おそらく再読すればもっともっとわかるであろう、離れていてもお互い心を開いていたことを・・・
何度も読み返したい名作に出会った喜び、それは読書人にとって究極の喜びにほかならないのである。
キーポイントは、21歳差は戦争を経験している世代とそうでない世代の差とも言える点である。

物語は三部構成になっていて、終始主人公であるミヒャエル・ベルクのモノローグ的なもので語られている。

まず第一部、主人公のミヒャエルは15歳。ひょんなことから21歳年上で車掌をしているハンナと恋に落ち官能的関係に陥り逢瀬を重ねる。
ハンナはミヒャエルに頻繁に本を朗読して聞かせて欲しいと求めるのであるが、ある日突然失踪する。

第二部ではなんと法廷で二人は再会する。
ここではナチ問題が取り上げられ、ハンナが戦犯者として取り上げられる。ミヒャエルは法学部の学生として裁判を傍聴します。
ハンナはナチの看守として罪を背負ってゆきます。
結果として重い罪を課せられます。
ここで問題となってくるのはハンナがミヒャエルの存在を知ってこそ、重い罪を背負ってしまったこと。
愛する人に知られたくないこと、それは彼女が文盲であることでした。
ハンナがなぜ、文盲(もんもう)であることを隠したのかこの奥の深さがこの小説を読む醍醐味だと言えそうです。
簡単に言えば、背後にある貧しい生い立ち、さらに無教養を知られたくないプライドであったのでしょう。
そしてもっと言えばミヒャエルに対する切ない愛の証のようにも感じます。

そして第三部、これはもう衝撃的な展開としかいいようがないですね。
ミヒャエルはテープに朗読したものを録音をしてハンナのいる刑務所に送り続けます。
それは世界で唯一の彼女への理解者としての行動に違いありません。
そして念願が叶って、恩赦が下り釈放される運びとなりました。
そのあとの悲しみは他の作品では味わえないレベルのものです。

この小説の最も魅力的な点は多様は解釈ができることで、実は感想も書きにくい。
私は作者も含めて、ドイツ人は戦争に対して自分たちのとった行動を深く反省していると感じます。
ハンナは戦犯者のように語られていますが、実は彼女は戦争の犠牲者なのです。
とりわけ、少なくとも同じ“同盟国”として第二次世界大戦を戦った日本の国民として生まれた読者にとって、忘れつつある過去を思い起こさせる一冊であると言える。
ハンナの切なさや苦しみ、ミヒャエルの一途な気持ち、それが朗読という行為によって読者の胸に突き刺さります。
朗読テープを聴くことによって、ハンナが独房で文字を覚えて行くシーンを頭の中で巡らせる読書、その行為が切なくて
胸が痛いのである。

現代ドイツ文学翻訳の第一人者と言って良い松永氏の端正で簡潔な日本語翻訳も素晴らしいことも付け加えておきたい。
いかに人間って潔白に生きれるかどうか。ハンナが最後にとった行動はその証であったのか。
愛を貫くことも心を打たれるのであるが、潔白に生き抜くということは本当に尊くて難しい。

あと付け加えたいのは、加齢による人間の変化というか成長ですね。
第一部で15歳の時のハンナがミヒャエルに取ったいきなり失踪という行動。
辛かったに違いありません。でも心の糧としてずっとその後踏んばるんですね。
そして第三部での出来事、もっともっと辛いはずなのに年齢を重ねて成長したミヒャエルは、結末を強く受け止めているように感じられるのですね。
これはミヒャエルの確かな成長の軌跡の物語とも言えそうです。


尚、本作は2008年に『愛を読むひと』というタイトルで映画化されたが、原作をほぼ忠実に再現しており感動的な作品に仕上がっているので機会があれば是非ご覧になって欲しいなと思う。
主演のケイト・ウィンスレットはアカデミー主演女優賞を受賞しています。

評価10点。
posted by: トラキチ | 翻訳本感想 | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:26 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/781
トラックバック