Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
『アキラとあきら』 池井戸潤 (徳間文庫)
700ページを超える大作ながら一気に読ませるところはやはり池井戸さん、只者ではありません。
もともとは10年ほど前に連載されていたものを加筆・修正された文庫オリジナルであるが、その背景としてWOWOWでのドラマ化ということでいきなりオリジナル文庫として出版されたと思われる。
同じ経営者の息子とは言え片や大企業(彬)、片や零細企業(瑛)という2人の同じ年のあきらが主人公であり、当初は2人の競争心を煽った作品であろうかと予想していたけれど、全く違ったふうに展開されるところが本作の特徴である。

過去に接点があった二人が同じ銀行に入社し、お互いの能力の高さを認め合いながら友情を育み相手の窮地を救うのに全力を尽くすところが読ませどころである。
作中でバブル全盛期にロイヤルマリン下田というリゾートマンションが登場します。読者によってはバブル時代の出来事に対して、ああ懐かしいと思われた方も多いかとは思われる。
境遇の違う二人のあきらは、どちらもナイスガイであるところが読み進めて行くうちでのキーポイントともなっているが、とりわけ階堂家の叔父さん二人の浅ましさを見れば単にバブルの時代だったという理由ではなく、やはり経営者の能力の差が大きかったと感じる。
彬には叔父さん2人や弟の龍馬のような浮かれたところがありません。

この作品は他の池井戸作品のように痛快なものではないかもしれないが、ふたりのあきらの幼少期から語られており、少年が成長を遂げる青春小説として読むとより楽しいと感じる。
とりわけ子供の時の家業の倒産から“人の為に金を貸せ”というモットーを持って銀行を選んだ山崎瑛の心意気が最も伝わった読者が多かったのかと思われる。
彼は子供の時、銀行が手を貸してくれていたら倒産しなかったのにという悔しさをバネに成長を遂げた。そして裕福である階堂家のことを羨ましいという気持ちも心の中にあったはずだと思う。
いろんな葛藤を持ちながらも自分に忠実に生きて行く瑛の姿に心を揺さぶられた。
様々な価値観がある昨今ですが、やはり私たちは大切なものを見失っていないかという自問が出来る作品であったと思う。

評価8点。
posted by: トラキチ | 池井戸潤 | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 20:07 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/782
トラックバック