Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
海外名作新訳コレクション・・・新潮文庫
ジェイムズ ジョイス
新潮社
¥ 580
(2009-02)
この数年、古典作品の新訳作品が目白押しで結構人気を集めているらしい。
国内作品と違って、翻訳物は新訳で風化された時を蘇えらせれるという武器がある。
主な出版社として光文社や岩波書店があげられるが、昨年末に新潮社が殴り込みをかけたのである。

2008/12 『ティファニーで朝食を』 カポーティ 訳者 村上春樹 580円
http://www.shinchosha.co.jp/book/209508/
2009/01 『悲しみよこんにちは』 サガン 訳者 河野万里子 460円
http://www.shinchosha.co.jp/book/211828/
2009/02 『移動祝祭日』 ヘミングウェイ 訳者 高見浩 620円
http://www.shinchosha.co.jp/book/210015/
2009/03 『ダブリナーズ』 ジョイス 訳者 柳瀬尚紀 580円
http://www.shinchosha.co.jp/book/209203/

今後は次の予定らしいです。
『ポー短篇集機Ν供戞◆悒侫ークナー短編集』


敢えて上記ラインアップ値段を書いたのはかなり廉価であるということですね。
そこで、最近買った堀江敏幸さんの新作文庫『おぱらぱん』は280ページあるのだけどわずか460円。
ワンコイン切ると安く感じますよね。デフレですかね。
ともかく嬉しいことです。
posted by: トラキチ | 本の話題 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:46 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://torakichi2.jugem.jp/trackback/87
トラックバック