Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『ハナミズキ』 2010日本 (WOWOW)
<人気アーティスト・一青窈の大ヒット曲「ハナミズキ」をモチーフにしたラブストーリー。主演に新垣結衣、相手役で生田斗真が共演。北海道で母・良子(薬師丸ひろ子)と2人で暮らす紗枝は、東京の大学に進学することを夢見る高校生。若くして亡くなった父(ARATA)が紗枝へのメッセージとして庭に植えたハナミズキに見守られながら受験勉強に励む紗枝は、ある日、漁師の跡取りで水産高校に通う康平に出会い、互いに恋に落ちる。やがて紗枝が大学に合格し、遠距離恋愛が始まるが……。>

ストーリー自体は大体先が読めるんだけど、何せ新垣結衣が可愛い。何年経ってもあれだけ可愛ければ忘れないだろうな。
高校生役から10年後まで違和感なく演じられるのは本当に大したものだ。生田君も同様ですね、カッコいい。

ちょっと残念なのは、もうひとりのイケメン向井理が生田クンと火花を散らさなかった点かな。三角関係みたいな感じになれば展開的には面白かったけど。
でも向井君の演じた役割は貴重でしたよね。

この手の話は現実的によくあることだと思います。
少なくとも大学生ぐらいまでは。
そのあとはやはりお互いが想い出として心の中に閉じ込めて、それぞれが自分の道を進んでいくのが一般パターンなのでしょうがそれでは映画になりませんね(笑)

少し余談ですがガッキーの英語は少したどたどしいけど、却って初々しく感じられますし、ニューヨークやカナダロケも敢行してて景色や風景も楽しめますし結構お金がかかっている映画ですね。

ちょっとほのぼのしたのは母親役の薬師丸さんの新たな恋ですね。これは天国の亡き夫ARATAさんも応援してくれてるでしょう。
却ってこちらの恋の方がじわーっと観ている人を引き付ける何かがあったのではないかなと思ったりします。

でも美男美女でなければ映画にはなりませんものね(笑)
内容を度外視して(決して内容が悪いというわけではないんだけど)、これ以上ないと言って過言ではない美女とイケメンカップルの映像を十分に楽しめる映画だと言えそうです。
理屈抜きにみて楽しみましょう。

面白い(8)
posted by: トラキチ | DVD(国内) | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) |-
『鴨川ホルモー』 (2009年日本映画)
評価:
---
ポニーキャニオン
¥ 3,861
(2009-10-07)

<原作は“ホルモー競技<恋愛模様でしたが、映画は逆でホルモー競技>恋愛模様”でしたね。映像化による視覚的効果は得られましたが、主人公安倍(山田隆之)やヒロイン楠木(栗山千明)に有名俳優を起用することによって集客的には良かったのでしょうが、本当のこの作品の良さが損なわれたような気がします。それなりに楽しめますが、やっぱり原作には敵わないというのがひとつの結論です。>

原作を読み終えてから引き続き観賞しました。
原作の感想はこちら

原作ではもちろんイメージしか湧かなかったのですが、オニの映像は可愛くて楽しめますね。
それと吉田神社での儀式(裸踊り)のシーンの例の曲なのですが、原作を読んでいる時はわからなかったのですが、映画を観てこの曲だったのかと納得しました。

ほとんど原作に従って映像化されてますが、後半の分裂してからはちょっと違うような気がします。
ミニシアター系の映画ならともかく、全国ロードショー公開の映画なので、内容はともかくキャストの知名度によって興行が違うのは間違いないので、ミスキャストとは言いませんが、原作の主要人物の良さがあまり描かれてないような気がしました。
原作で味わえる後半の楠木の活躍ぶりはもっと描いて欲しかったと思います、残念。

ただし、早良京子役の芦名星さんは、原作通り鼻が綺麗です。
これは誰しもが認めざるを得ませんね。

結論としては原作よりも落ちますが、京都の良さが出たほのぼの系の映画です。
学生たちの親御さんの年代の方が観られれば、“京都の大学にやるのもいいかもな”と思われることでしょう。
一番感謝しているのはホルモー競技に出ている京大以外の3大学の経営者かもね。
すべて私立ですから(笑)
結構、いい宣伝になってるような気がします。

評価(7)
posted by: トラキチ | DVD(国内) | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |-
闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]
評価:
---
ジェネオン エンタテインメント
¥ 3,861
(2009-02-25)
普通の暮らしがいかに幸せか。
あくまで「タイの児童買春を啓発する」映画
欲望の負連鎖
<タイを舞台としているところがとってもタイムリー。宮崎あおい迫真の演技>

阪本順治監督作品。
昨年夏、ちょうど東京に行った時に公開されていた。
書店めぐりで時間がなく観れなかったのであるが、今回DVDを観て映画館で楽しみたかったなと率直に思い後悔している。
主演が江口洋介で宮崎あおいと妻夫木聡が脇を固める。
大河ドラマの主役が脇役なんて超豪華なキャストですね。
江口洋介は新聞記者、あおいちゃんは正義感が強くて自分探しをする女性、妻夫木君は駄目なカメラマン。
原作は梁石日(幻冬舎文庫)。
続きを読む >>
posted by: トラキチ | DVD(国内) | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) |-