Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Sponsored links
徘徊ブログ
読書メーター
トラキチの今読んでる本
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
最近読んだ本
トラキチの最近読んだ本
鑑賞メーター
トラキチの最近観たDVD
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
『太陽のパスタ、豆のスープ』 宮下奈都 (集英社)
評価:
宮下 奈都
集英社
¥ 1,470
(2010-01)

<婚約破棄された20代後半のヒロイン・あすわの再生物語ですが、男性が読んでも楽しめるので女性が読まれたら身につまされつつ大いなる共感を持って本を閉じることが出来るでしょう。>

初出“青春と読書”を加筆・修正。

宮下奈都さんの最新刊です。
よく男性を形容する言葉として“誠実な”人と言いますが、宮下さんの文章から類推するに“性別を超えて”誠実な人(女性)なんだなと感じますね。
読者として安心して向き合え、そして身を委ねられる作家というのはなかなか邂逅できないのですが、そういった数少ない作家だと言えそうです。

彼女の魅力はその文章から醸し出される“温かい眼差し”ですね。

本作においてもその温かい眼差しは如何なく発揮されていて、読者は堪能することが出来ます。

物語の冒頭で、主人公のあすわは婚約破棄されます。
いきなり大きなものを失ってしまい失意のどん底へ落ちちゃいます。

読者としたら何かあすわに欠点があるのではないかと思うのですね。

そこで自分を取り戻すために、個性的な叔母のロッカさんからの提案で“ドリフターズリスト”を作成します。
自分の今やりたいことを見つめなおしリスタートしたあすわ。

やはりリストを作ったことよりも、周りに励ましてくれる人がいるということがあすわを変えたのですね。
叔母の他には幼馴染、会社の同僚、そして弟などなど。

それに気がつくことによって再生が完了するのですね。

それにしてもタイトルにもある食べ物の描写が象徴的ですね。
やはり普段あんまりスポットライトの当たっていないというか身近なものを取り上げています。

そして何よりもロッカさんとあすわの会話が楽しいんですね。
特に引越してからの何気ない会話がクスッとさせられます。

続きを読む >>
posted by: トラキチ | 宮下奈都 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-
『遠くの声に耳を澄ませて』 宮下奈都 (新潮社)
評価:
宮下 奈都
新潮社
¥ 1,470
(2009-03)

<読む前に抱いていたイメージを良い意味で裏切ってくれた実力派作家の登場。
その心地よさは万人受けするものだと信じています。愛情に溢れた読者の背中を押してくれる作品集>


初出「旅」を加筆・修正。
12篇からなる短編集。連作というわけではないが少しずつ話の関連性があります。
その関連性が少しリラックスできますね、まあ読んでのお楽しみということで。

宮下奈都、初読みです。イメージというものは怖いですね。作者の名前だけで抱いていた若々しいイメージとは違っていた。
しかしながら老成した文章でもない。瑞々しいけど完成度も高い文章を堪能できる作品だと言えますわ。
なにより一字一字丁寧に書かれた文章という印象ですね。

ちょっと前後するが作者について簡単に紹介しますね。
1967年福井県生まれ。上智大学文学部卒。
2007年長編『スコーレNo.4』でデビュー。本作は2作目となる。
続きを読む >>
posted by: トラキチ | 宮下奈都 | 17:14 | comments(10) | trackbacks(4) |-